借り換え希望の方


複数の会社に借入れがあり、金利や返済日が各社で異なる場合、自分の借入れ額や支払いがいつ終わるのか把握しづらくなります。

借入れ額を把握し、きちんとした返済計画を立てる為に、「借り換えローン」を利用して借入れを一社にまとめるのもひとつの方法です。

借り換えローンを組む場合は、今支払っている金利より低金利の会社で借りて、支払う利息を少なくすることが基本です。

ここで気になるのが借入れをの3分の1に制限する「総量規制」ですが、総量規制では例外とされるローンがあります。

借り換えローンの場合は例外として挙げられている「借り手に一方的に有利になる借り換え」に該当するため、「毎月の返済額や返済総額が少なくなること」を条件に、例外として貸付残高が年収の3分の1を超えても利用できます。 (※1)

※1実際に借り入れできるかは貸金業者、銀行など申込み先の判断によります。

※借り換えの対象となる消費者ローンの金利が、利息制限法の上限を上回っていた場合は、お借り入れ先から過払い金が返還されるケースがあります。
詳しくは、お近くの消費生活センター、日本司法支援センター(法テラス)、弁護士会等にご相談ください。

※低金利での借り換えローンを誘い文句にする悪質業者も多いので、借入れ時は十分ご注意下さい。



▼会社選びのポイント
・低金利で限度額の大きい会社

オススメ消費者金融
SMBCモビット
オリックスVIPローンカード
イーローン
楽天銀行


戻る
消費者金融比較ゼミ TOP

copyright
(c)消費者金融比較ゼミ